退職を伝える時 転職体験⑫

資産運用-体験談
スポンサーリンク

二桁近く退職をしても退職を伝える時は、非常~~~に勇気がいります。
今日は言えなかった・・・。
ということもあります。

もし退職をするときは、退職の意思は「断固たる決意」で伝える。です。

一番理想なのは、直属の上司と会議室の部屋を予約して、会議室等でお伝えしたいことがあります。
と、報告をするのが一番理想と思います。

上司には相談をするのではなく、報告です。
退社する決断をしている場合は報告です。
仕事を続けるのか、辞めようかと迷っているのであれば、上司と相談するのもいいと思います。
しかし、退社を決断した後に上司に話すのであれば、報告です。

そして、決意した次の日(実際には次の会社から内定をもらった次の日)に話すべきです。
今日も言えなかった~とずるずる行くのはまずいです。
会社によっては上司は一日中会議とか出張ばかりで話せない場合もあると思います。

私も大企業の時は社員の予定表はOutlookで見れるのですが、上司は何週間も予定がびっしりで話すチャンスが無いのです。予定表に上司との打ち合わせを入れ承認を頂いても、役職者同士の会議が上からバンバン入る為、勝手にキャンセルされてしまうのです。
毎朝数分の業務報告をする時間程度しかなく、
こちらから、少々お話があります・・・と言っても、今は無理!と言われます。
いつならいいですか?5分でよいので時間を作って欲しいです。と言っても、
いつになるか解らん。当分無理と言われます。
これは従業員5万人の会社でしたが、直属上司もいっぱいいっぱいで、毎日慌ただしい状態でした。
従業員が多いのに何故だ~と思いますが。しょうがないですね~。
事前に次の会社には、遅くとも何時から働きます!!と伝えていたので冷や冷やしました。

リクルートエージェント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リクナビNEXT

結局の所、何日か後にようやく話ができました。
皆がいるフロアーの片隅で話をしました。その為、数人に聞かれている状態で話をしました。
待遇は非常に良いので、皆が驚いていました。
その後の話は、また次回にと思います。

今日も一日仕事を頑張りましょう!

一度きりの人生。やらぬ後悔よりやる後悔。
応援お願いします。。↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こちらもお願いします↓

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用-体験談転職-体験談
みやびー3の資産運用と転職ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました